「言葉」について。

管理者の石村です。

節分も終わり立春を迎えましたが、なかなか寒さが厳しい毎日ですね。皆さまいかがお過ごしですか?

本日は「言葉」について。

皆さんは、言われて嬉しかった事・嫌だった事、貰った言葉で印象に残っているものはありますか?

今や、携帯電話やパソコン画面の中で様々な思いを世界中に発信できる時代になりました。

今だからこそ、伝える「言葉の重さ」について考える時であると考えます。

言われて嬉しかった言葉がその先の活力になったり。
言われて悲しかった・嫌だった言葉をバネに自分の未来を変えたり。

言葉には、発信の音色によって色々な物が混ざると思っています。

というのも、私は看護師1年目の時に先輩に言われた言葉が忘れられず、ショックでしたが、その言葉があったから自分の考えや在り方を変えられていると思っている一人だからです。

看護師になり、大学病院に就職が決まりドキドキしながら病棟に出勤していた頃の話です。毎日新しい事だらけで、参考書や辞書と向き合い、学んだ事を毎日まとめ…必死に頑張っていた日々でした。

当時5年目の看護師に

「看護師、向いてないから辞めちゃえば?」

言われました。どんな話の流れで言われたのかは覚えていませんが、自分にだけ向けられた言葉だった事は、はっきり覚えています。

看護師になってすぐの出来事だった為、勿論ショックでした。

しかしそれと同時に、“なぜ入社間もない新人看護師にこんな事が言えるのだろう?”とも思いましたし、自分が看護師5年目になった時は、こんな言葉を吐く看護師には絶対にならない、と心の中で決めた瞬間でもありました。

また、

このような看護師を作り上げた職場環境を、必ず変えたい。

私のように嫌な言葉をかけられる看護師を一人でもなくしたい。

そう思うようになりました。

そのような、嫌な言葉をかけてくる看護師がいるから“人間関係が~”と言って職場を離れる看護師もいるのだと思いました。

幸いな事に、私を直接育ててくれたプリセプターは酷い言葉を言う人ではなかったですし、同期や医師達も最高なメンバーに恵まれていたので、今でも物凄く仲良しです。
その環境のおかげで、最後まで仕事を楽しくこなす事ができ、笑顔で退職しました。

私は、運よく周りの環境に恵まれていた為、自分の決めたところまでしっかり仕事ができましたが、周りに助けや支えがおらず、嫌な言葉をかけてくる看護師に負けそうになる方もいらっしゃると思います。

自分が潰される環境で生きるより、自分を伸ばせる環境で生きた方が、何倍も何千倍も毎日が変わると思います。

そして、今嫌な環境にいる方。そこで頑張らなくていいと思います。

嫌な事を言われる職場で頑張らなくて良い。

勿論、仕事上での指導はしっかり受け止め改善するべきですが、人間性を否定されたり傷つくような言葉を平気でかけてくる人の傍で頑張っても、何の成長にもつながらないです。

私は、過去のその経験もあり「職場環境」に重視をしたステーションを作る事を目標としています。

◎訪問看護が初めての方は一緒に成長したい、
◎これまで経験がある方は、力を伸ばせる環境でありたい

「環境」のせいで「看護師」という仕事を嫌いになる事がないように。そう願っています。

先日、素敵な看護師さんとの出逢いがありました。^^

今後ご紹介させていただきます^^!

★★話を聞いてみたい、勤務時間やお給料について聞いてみたい、という方もご連絡お待ちしております。

Line・Instagramのメッセージ等からでもOKです^^★★

Follow me!